(´・ω・) ぼくの鼻はよくないらしい……

청하(チョンハ)、まさかの日本酒だった。

청하(チョンハ)、まさかの日本酒だった。

親戚の韓国旅行のお土産、청하(チョンハ)というお酒を飲んだ。

緑色の瓶

こんな緑色の瓶のお酒(300ml)

韓ドラによく出てくる、焼酎(ソジュ)かと思っていたのだけれど……

日本酒だった

飲む前にバーコードをアプリで読み込んで下調べ。Google翻訳がうまく働かないときは、この方法が便利ですよ。

するとなんと、韓国で焼酎より飲みやすいと人気の日本酒だった。

このロゴの意味するところは、清酒の「清」の字だったのかな、と後から納得。

韓国の日本酒、なんか矛盾してるけれど、日本だってワインを作るもの。お酒もグローバル化である。

お味は?

色は透明。韓国のお米の酒といえばマッコリだけど、このお酒は透明。

アルコール13%、斗山(トゥサン)という会社が売っているらしい。

飲んでみると味はまさしく

日本酒じゃん! Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

そこいらの変な日本酒よりずっと美味しい! クセがなくて飲みやすい。甘口だけれど、酸味が強め。酸味のおかげで甘ったるさは感じない、はっきりとしたお味。ただこの酸味なら、個人的にはもうちょっとフルーティな香りが欲しいところ。(ワインのあとだったから、感じなかっただけかも)

甘口が好きで水っぽい酒が嫌いな僕は「輸入しようかな」とまで考えたけれど、アマゾンやヤフオクで見てみたら300mlで400円近くしたので、夢はついえる。関税のやつめ。

面白いことに、お猪口に注いでしばらくすると、ヒネるというか、酸味がどんどん強くなっていくように感じた。それはそれで色んな味が感じられていいけれど、酸味が苦手な人には残念なポイントかも。

漢字では「清河」のチョンハくん、機会があればお試しあれ。