(´・ω・) ぼくの鼻はよくないらしい……

田んぼを歩いていたら、あぜ道にトマトが落ちていた

田んぼを歩いていたら、あぜ道にトマトが落ちていた

郵便局に行ったついでに田んぼの方へ足を伸ばしてみた。

トマトが落ちている

道を歩いていると、何か落ちている。

赤い丸いやつ。まるでトマトみたいな…

トマトだ。完全にトマトだ。トマトが落ちている

畔(あぜ)に降りて見てみる。畔は農家さんの宝物だから、壊しちゃいけません。

犯人は誰だろう?

トマトをよく見てみると

穴が空いている。かじられたというよりは、つっつかれたみたい。鳥だろうか。

この辺りでトマトを育てているところは思い当たらないから、農家さんが捨てたわけでもなさそう。

この大きさの実を運べる大きさの鳥。たぶん犯人はカラスの仲間だろう。そういえばトマトを運ぶ彼らを何回か見たことがある。

にしても、だいぶ残してるなあ。「おのこしはゆるしまへんで」って言ってやりたい。鳥の世界にもトマト嫌いがいるんだろうか。確かに水分ばっかりでカロリーは摂取できないかもしれない。

 とりあえず、もとあったように戻しておく。サルの仲間と鳥類は、赤い色の認識に長けているらしい。「赤かったもんで、ついつい取っちゃったんですわ」というカラスはいるかもしれない。

僕もサルの仲間なので、ついつい撮ってしまった。