(´・ω・) ぼくの鼻はよくないらしい……

ハンゲショウの花 宮崎では半夏生を待たず咲く

ハンゲショウの花 宮崎では半夏生を待たず咲く

田んぼの道を歩いていたら、ハンゲショウが咲いていた。

ハンゲショウは「半化粧」「半夏生」などと書く。半夏生は雑節の一つで夏至から11日目で7月2日ごろ。その頃に咲く花と言われるが、宮崎のハンゲショウは半夏生を待ちきれなかったらしい。

ハンゲショウ

半化粧 半夏生

学名 Saururus chinensis

ドクダミ科ハンゲショウ属の多年草

畔の一角を占めている。


全草。高さは60㎝ほどになる。白い花序と葉が目立つ。

花は遠目にはトラノオのように垂れる。花序は10㎝弱。

花のアップ。花弁や萼はなく、雄しべと四裂する柱頭のみからなる。

上半分だけが白い葉。ハンゲショウの「半化粧」たる所以。花弁がない虫媒花という特性上、この白さで虫を誘引しているとも言われている。

半化粧しているのは花の直下の葉だけ。それより下の葉は全体が緑。