(´・ω・) ぼくの鼻はよくないらしい……

1ネットで100円! みかんの無人販売を発見。宮崎市・清武町

1ネットで100円! みかんの無人販売を発見。宮崎市・清武町

妖怪ミカンムサボリの季節

青切りみかんが出回り始める九月。僕がひたすらにひたむきに断続的に狂気的にみかんをむさぼり続ける妖怪に化ける季節である。水分補給はほとんどみかん。運動会と時期が重なるのも、お昼の弁当でお目にかかれてうれしい。

だけど、出始めのうちにスーパーで見かけるものはけっこうなお値段がするし、特に青切りは味にも当たりはずれの差が大きいように思う。すっぱいみかんならまだいいけれど、ぼんやりした薄味の子に当たってしまうと、妖怪ミカンムサボリの消費速度も落ち込みがちだ。目が覚めるように甘酸っぱいみかんを山ほどむさぼりたい。

いい無人販売を見つけた

妖怪ミカンムサボリ、みかんの無人販売所を見つけるの巻。

この季節に宮崎のいたるところに出没するみかんの無人販売所。みかん農家がやってるのか、趣味で育てているのかはよくわからない。スーパーだと少々高いみかんを、安く提供してくれるありがた~い存在。

この日は、大学からの帰りの寄り道中に遭遇。目に入ってすぐさま路肩に停車。自分でもなかなかの反射神経だったと思う。

かわいいパラソルの下、みかんたちが並んでる。防犯カメラの主張がはげしい。

 

1ネット100円。大きさも数もえらくバラバラ。これとこれが本当に同じ値段? と思うほど、バラバラ。

だけど中くらいの大きさなら7~8個、小ぶりのなら12こちょっと入っている様子。小ぶりのみかんの方が味がしっかりしている(ような気がする)ので、そちらを2ネットほど購入。

 

ああこの愛すべき消費者信頼型会計システム。200円投入。ちゃんとズルいことせず払いましょう。

みかんのお味は?

皮はピッチリと張りがあって新鮮で、剥くとみかんのいい香り。蜜柑の香せり冬がまた来る、ですね。まだ暑いけれど。

しっかり甘いみかんです。もう少し酸っぱいとより好きだけれど、当たりのみかん。5個に1個くらいの割合で種が入っていて、噛んじゃうとと苦かったのは大目に見てしんぜよう。

場所は清武。中野バス停から県道27号線を北へ進むと左手に見つかるはず。路側帯が広くなっていて初心者でも停めやすかった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。