(´・ω・) ぼくの鼻はよくないらしい……

肉バル「ステーキ&ワイン the MEATING」なみなみワインが380円!

肉バル「ステーキ&ワイン the MEATING」なみなみワインが380円!

新しくできたお店

帰省中の東大生と飲みに行くことに。

俺「ご希望の値段帯は?」 東大生「4000円以内」(さすが東京モン、稼いどる)

俺「しっぽり飲む?or がっつり食う?」 東大生「がっつり食う」(よしあそこだな)

俺「ステーキとなみなみワイン 肉バル The MEAT-ING/ザミーティング」 東大生「うまそう!」

橘通3丁目にオープンしたばかりの人気店。あたかも知った風にご紹介してみせたけど、いつも混んでいたので、今回が初挑戦である。

なかなかおしゃれで肉々しい外観(※外観写真は入店前に撮り忘れていたので、閉店後のものです)。

平日なら6時ごろでも予約なしで入れた。

ステーキとなみなみワイン

 まず、お通しの生ハム。380円でこの量の生ハムなら、かなり良心的な部類のお通しじゃないか?

(※当方、食レポ能力が非常に低いため、食べかけの写真をお送りしております)

 

 ドリンクはこのお店の目玉、「なみなみワイン」の赤を注文。ワイングラスと升という奇妙な複合体が登場、目の前でグラスから升に存分に溢れるまで注いでくれる。380円でこんなに注いでくれてうれしい、けど升酒ワインはちょっと飲みづらいわ(ワインだからうっかり服にこぼせない)。

「甘いワインだったら残念だなー」と心配だったけれど、家で飲んでいるチリワイン(サンタ)に近くて、渋めの好きな味で安心。もちろん380円なので、よろこんでおかわりしました。

 

メインは名前に惹かれて「最強肉盛り」(1980円)を注文。二人で一皿がちょうどいい分量(他にもいろいろ頼むので)。牛肉と鶏のステーキと、ソーセージがたくさん。牛肉が赤身で柔らかくて、さすがステーキ屋さんのおいしさ。

(※こちらも食べかけの写真で失礼しております)

充実のサイドメニュー軍団

トマトのカプレーゼ(480円)。トマトとチーズでバジルソースときたら、そりゃあおいしいでしょうよ。

(※珍しく食べる前に写真を撮れました!)

その他、牛タンとマッシュルームのアヒージョ(680円)パリパリマルゲリータ(580円)もいただきましたが、写真のことを思い出したときには完食していたという情けなさ。どれもおいしゅうございました。(ちなみに、アヒージョの底にたまっているガーリックがワインを蒸発させる秀逸な肴です。お食べ忘れ無きよう)

そして、サイドメニュー軍団がどれもお手頃価格なのがうれしいところ。写真のトマトのカプレーゼなんて、800円で出てきても驚かない。まして牛タンのアヒージョが600円台とは、拍手さえ送りたい。おかげさまで、かなり贅沢に飲み食いしたつもりだったけれど、一人当たり3000円ちょっとで済んでしまった。これは満足。

メニューと所在地

全部じゃないけど、主なメニューの写真がこちら。

ドリンクはほかにもたくさん。生(モルツ)も380円という安さ。

宮崎牛のあぶり肉寿司も気になるところ。また行かねば。ピザやデザートもございます。

 

ステーキとなみなみワイン 肉バル The MEAT-INGステーキ / 宮崎駅

夜総合点★★★★ 4.5