(´・ω・) ぼくの鼻はよくないらしい……

ヌマトラノオだけが咲いてくれていた@川南湿原

ヌマトラノオだけが咲いてくれていた@川南湿原

6月末の川南湿原で、唯一花を咲かせて迎えてくれたのがヌマトラノオだった。湿原の一角に集まって、白い花が目に涼やか。見ごろはもう少しあと、7月に入ったころだろう。

ヌマトラノオ

沼虎尾

学名 Lysimachia fortunei

サクラソウ科オカトラノオ属の多年草

 ヌマトラノオの花。白い花が花序の下から順に咲いていく。まだ五分咲きといったところか。

 花序が直立するのがヌマトラノオの特徴。また花の付き方も偏りなく一様。

 花のアップ。ひとつひとつの花は5mmから開けば9mmほどの大きさ。おしべが5個。

 まだ咲く前のつぼみ。緑色のがく片から白い花冠が顔を出したがっている。花序がこのあと伸びて、花の密度がまばらになる。

 葉は細長い。虫こぶのような皺もあって、あまり立派な印象は受けなかった。互生で、脇芽がよく出る。

ちなみに茎に注目してもらうと、ヌマトラノオには稜がない。稜がある場合はサワトラノオという種類かもしれない。が、まだ見たことはない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。