(´・ω・) ぼくの鼻はよくないらしい……

エンジンブロックの場所はどこ?バッテリーが上がったので充電・実践編

エンジンブロックの場所はどこ?バッテリーが上がったので充電・実践編

車のバッテリーが上がったので充電

(´・ω・)「あれ、エンジンがかからんな……」
と思ったら、車のバッテリーが上がっていた。

幸いなことに祖父の家での出来事だったので、祖父の車からブースターケーブルで充電すれば一発解消!

・・・・・・と思ったのだけれど。

~~充電の手順~~
1.救護車のエンジンをかける。
2.故障車+端子(赤) → 救護車+端子(赤) の順につなぐ
3.救護車-端子(黒) → 故障車エンジンブロック の順につなぐ
4.救護車のアクセルを踏んで高回転を維持しつつ、数分待つ。
5.故障車のエンジンをかける。

(´・ω・)「……エンジン…ブロック?」

エンジンブロックって何? バッテリーの-端子じゃないの? どこにあるの?

エンジンブロックの場所

エンジンブロック、とは車のエンジンの金属が露出している部分を指します。

と言われても百聞は一見にしかず。エンジンルームを開けてみましょう。

赤線で囲んだ部分がエンジン。

ではエンジンブロックはというと……

ここがエンジンブロック。エンジンのうち、金属が露出している部分。

この写真はトヨタのラッシュの場合で、車によっては見た目がちょっと違うかもしれない。

エンジンブロックにつなぐ理由

鉛蓄電池(車のバッテリー)を、その容量以上に充電すると、バッテリー液の溶媒である水の電気分解が起こる。

水(H₂O)の電気分解
2H₂O → 2H₂ + O₂

このH₂すなわち水素が発生するのが陰極(-)である。(2H⁺+2eー → H₂)
水素は酸素と激しく反応する(つまり爆発)ので、水素が発生するかもしれないバッテリーの近くで、もしプラグがバチッとスパークしたら怖いよね。だからバッテリーに直接ケーブルつなぎたくないね、というのが理由になっている。

まあ、すでにバッテリーが上がっている車でそうすぐに満充電になって電気分解、ということはほとんどないわけだから、念には念をくらいのおまじないですね。-端子に直接つないでもまあたいがいは大丈夫。

ちなみに、なぜバッテリーの-端子じゃない場所にケーブルをつないでも充電できるのか、気になりません?

エンジンルームはどこもかしこも-端子

おや、エンジンルームにバッテリーがいますね。ひとりで寂しそうです。あかりをつけてあげましょう。

電球をつけるには回路が必要。

バッテリーのプラス端子から伸びた赤いケーブルは、豆電球に直接つながっている。いっぽう豆電球から-端子へ向かうケーブルはエンジンルーム(金属製)自体を通してつながっている。ケーブルの節約になるわけだ。

バッテリーの-端子は、エンジンルーム自体に繋がっている状態。

エンジンルーム内のバッテリーと、様々な電装部品(ここでは豆電球)はこういう回路でつながっている。つまり、エンジンルーム全体がバッテリーの-端子への連絡路ということだ。

お、エンジンが設置されましたよ。見るからに金属の塊って感じですね。
しかも、金属の留め具でエンジンルームに固定してあります。

ということは、バッテリーを充電するときエンジンブロックにつなぐと……

こういう回路になるわけです。

賢いあなたはお気づきのことでしょう。そう、マイナスのケーブルをつなぐのはエンジンブロックじゃなくても、エンジンルーム内に露出している金属の部分だったらどこでもいいのです!

バッテリーを充電します。

ようやく本題なバッテリー充電だけど、さっきのイラストを描くので疲れたから、ざっくりいきます。

+端子を、バッテリーが上がった車(左)から元気な車(右)につなぐ。このとき、元気な車のエンジンは必ずかけておくこと。さもなくばバッテリーの上がった車が2台に増えてしまうかも。

元気な車のバッテリーの-端子にプラグをかませる。

バッテリーの上がった車のエンジンブロックに、-のケーブルをかませる。(ちなみにこのときスパークした)これで完了。

しばらく待って、エンジンをかけたら、復活! エンジンをかけておいてしばらくの間充電しましょう。

ケーブルを外すときは逆の順序。